消費者金融VS銀行カードローン

お金を借りる時に気になるのは金利です。金利が低ければ利息の負担も減りますので、同じ借りるなら金利が低いほうがいいですよね。金利が低い金融機関といえば、銀行ですね。

 

銀行のカードローンは、最高金利が14.5%くらいです。消費者金融の18.0%に比べるかなり低いですね。また、銀行のカードローンは、本人確認書類だけで、契約ができます。収入証明書は、限度額が100万円を超える場合に必要になります。また、限度額が200万円あるいは300万円超えなければ収入証明書の提出が必要ないという銀行もあります。

財布を持つ女の子

そして、銀行カードローン最大の特徴は、専業主婦でも借りれるということです!!銀行カードローンは配偶者に安定した収入があれば申込めるので安心です。

消費者金融の場合は、借入金が少なければ本人確認書類だけで契約ができますが、借入金が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。また、専業主婦の方が借りる場合には、配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる住民票などの書類が必要になります。

ただ、銀行のカードローンは、消費者金融に比べて審査が厳しくなっています。また、即日融資が可能な銀行カードローンは少ないです。そこへいくと消費者金融は即日融資が可能ですから、急ぎの時には便利です。サービスも銀行のカードローンよりも行き届いていますね。

消費者金融で気をつけなければならないのは、登録をしていない闇金や登録していても、違法な利息を取る悪徳業者がいるということです。その点、銀行のカードローンなら安心感がありますね。銀行のカードローンも消費者金融も一長一短がありますので、よく検討してから決めてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ